2022/11/06『もっと輝ける』Ⅱコリント3:12-18

幸町キリスト教会 2022/11/06

『もっと輝ける』

Ⅱコリント3:12-18 3:12 このような望みを抱いているので、私たちはきわめて大胆にふるまいます。

3:13 モーセのようなことはしません。彼は、消え去るものの最後をイスラエルの子らに見せないように、自分の顔に覆いを掛けました。

3:14 しかし、イスラエルの子らの理解は鈍くなりました。今日に至るまで、古い契約が朗読されるときには、同じ覆いが掛けられたままで、取りのけられていません。それはキリストによって取り除かれるものだからです。

3:15 確かに今日まで、モーセの書が朗読されるときはいつでも、彼らの心には覆いが掛かっています。

3:16 しかし、人が主に立ち返るなら、いつでもその覆いは除かれます。

3:17 主は御霊です。そして、主の御霊がおられるところには自由があります。

3:18 私たちはみな、覆いを取り除かれた顔に、鏡のように主の栄光を映しつつ、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられていきます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。

1.神との出会いが人を変える

  • 象と鎖   


  • 捕らわれ人には解放を ルカ4:18-19 

2.栄光から栄光へと

  • 覆いは取り除かれた  Ⅱコリント3:18


  • 月のように   



3.これはまさに

  • 聖霊によって “これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。”


  • メンデルスゾーン







思ったこと・決心したこと

閲覧数:4回0件のコメント